ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ちょっとだけ痩せてきた?




 

 

おはようございます。

R-FORCEの西川です。

「夏のJOまでに腹筋バキバキ大作戦!」

少しずつですが痩せてきました。がしかし、見た目は全く変わりません。

IMG_6130

週3回のトレーニングにカロリー制限。

今のところ苦も無くやっていけてます。

で、なぜ肉体改造を始めたか。

そりゃもう子供たちからの非難の嵐。これに尽きます。

お腹を指さし、「コーチ、どうした?それ!」

「偉そうなお腹だね」

「水着に乗ってるよ~」

「コーチの身体じゃないでしょ」

「水着メーカーに謝れ」

「かわいいね~」

さらに先輩方や同業のコーチからは、「お前ホントにコーチに見えないよ」

もう、数々の非難の声が…。

子どもたちは日本一を目指す選手や、全国大会出場を目指す選手、自己ベストを一生懸命更新しようとしている選手とみんな頑張っています。

そんな彼ら彼女らにこの身体で偉そうなこと言っても響かないんですね。

子どもたちって本当によく見ていて、ある程度太っていても「あの人は明らかに昔速かったカラダだよね~」とか「痩せてるのはまずいでしょ」「もやし、ありえな~い」「っていうか、西川コーチ一番やばいし」などなど、本当に強烈な言葉を投げかけてきます(笑)

お前ら、それ言うの俺にだけにしとけよ!

っと笑っていたのですが、さすがに選手に対して失礼だと自覚しました。

そこでJOで結果を出そうとしている選手たちに合わせて肉体改造を決意したということです。

24時間オープンのジムがあるので、早朝や深夜にトレーニングしていますが、まったくというほど泳げていません。

プールも24時間オープンにしてくれたらいいのにな・・・。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


交感神経と副交感神経




 

 

こんにちは。R-FORCE西川です。

今日も雨、早く梅雨明けしないかな~。

 

昨日木曜日は休みをいただき、事務所や部屋の照明を交換しました。

すべてシーリングライトですね。


IMG_6116
事務所は4つ。すべて昼白色。

IMG_6115

リビングは3つ。こちらも昼白色。

IMG_6114

寝室も3つ。こちらは電球色。

昼白色は交感神経が優位に働く色なので、事務所やリビングに設置しました。仕事中眠くならないようにですね。

寝室はリラックスできるように電球色。こちらは副交感神経が優位になりやすい。

写真だとちょっとわかりにくいのですが、アンティーク調の電球にしてみました。

休日は基本的に人と話さない、家から出ないのですが、昨日は動いてしまいました。

休養、睡眠はアスリートにとって非常に大切です。照明にもこだわってみるといいと思いますよ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


返事をすることが第一歩なんじゃない?




こんばんは。

お酒を控えて5日目、絶好調の西川です。

今日は返事について書いてみたいと思います。

水泳やスポーツだけの話ではなく、なににおいても返事は大事ですね。

「ハイ」「うん」「わかった」「OK」

自分たちが子供のころは「ハイ」以外ぶっ飛ばされていました。今でもぶっ飛ばされはしなくとも「うんじゃないだろ!」っていうのはよく聞きますね。

目上の人には「ハイ」が基本です。

ただ、私に対しては「ハイ」だろうが「うん」だろうがなんでもいいと思ってます(あまりいい指導者ではないのかな!?)。

別に怒らないし、気にもしていません。

ただ、返事が返ってこないのはひじょーに困ります。

例えば、タイム計測。

こちらがタイムを読み上げるのに対してなにも反応がない。

ん?あいつ伝わってるのか?自分でタイム把握しなきゃいけないのに伝わってなかったらこの練習の意味がないろ。

ってなっちゃうんですね。

タイムを読み上げると、「ハイ」と返事をする選手。手を挙げてわかったことを合図してくる選手。「うわ~、まじか!」とタイムと自分の感覚を悔しがる選手。

これは自分の経験や想像での話なのですが、返事をしたときはしっかり自分の脳にインプットされている。逆に返事をしない場合は本当に聞き流してしまうときがあると思っています。

これはタイム計測のときに限った話ではありません。

レースプランを説明しているとき、ドリルの意味を説明しているとき、こんなときにも必ず意思表示をしてほしい。

意思表示の第一歩が『返事』なんだと思います。

そして、もうひとつ大事なこと。

叱られたときでも返事をすること。

これも自分自身の経験からですが、上手くできなくて叱られたあとは不貞腐れて返事をしたくなくなります。

しかし、これでは負のスパイラル。

コーチがいくら強くいっても重要なことはひとつも入ってきません。

これらはなにかの本を読んで書いていることではありません。自分自身の経験から言っていることなので確実なことではないかも知れません。

ただ、返事や挨拶がなににおいても第一歩なのではないかと思っています。

ちなみに、昨日一昨日と記事にした選手2人はしっかり返事をしてくれます。

「おっけ~」「わかったよ~」なんて感じでね。

返事をすればおりこうさんになれるかもよ!

 

なんか今日はコーチみたいなこと書いちゃいました(笑)

明日は休み。レッスンは1本だけなので、ゆっくり過ごそうと思います。

 

それでは聴いてください。うちのばあ様が「なんだ、これはお前の歌か?」と本気で言った曲。

THE BOOMで『おりこうさん』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


攻める選手は練習が違う




 

 

おはようございます。

西川です。

中々の疲労感。5:00に目覚ましを掛けましたが、目が覚めたのは7:30…

仕事に影響はないのですが、自分の勉強やらが…

 

さて、今日は『責める気持ち』について書いてみたいと思います。

一緒に練習をし始めて約1年半の選手のお話です。

 

「前半攻める」「後半粘る」「練習を頑張る」「キックを止めない」

こういった言葉、よく聞きますね。

「今日のレースは前半攻めたつもりだけど、上げきれなかった」

こんな言葉もよく聞きます。

ここで問題になるのが「つもり」

結局つもりなんですね。

もちろん、泳いでみたら感覚が違うなんてこともあると思います。それでも行かなきゃいけない。

こういうのをすべて完璧に理解している選手です。

もともと後半が強い選手ですが、前半突っ込めるようになったらすごい選手になるだろうな、なんて思っていました。

そして、この選手はできるとも思っていました。

現時点でしっかりできています。

「つもり」を打ち消すには練習にどう臨むか。これに尽きると思います。

自分を追い込み、現状把握がしっかりできている選手は強いんです。

そう、この選手は速いのですが、「強い」という言葉が一番似合うかと思っています。

もうひとつ自分がこっそりつけているあだ名、「精密機械」。

一緒に練習していて、このタイム感覚はすごいなといつも感心させられます。制限タイム±0.2秒ぐらいですべて回りますからね。

身体能力云々もあるかと思います。この選手も決して身体が大きいわけではありません。それでも普段の努力で日本一まで上り詰める。

この先も楽しみで、できる限り長くお付き合いさせていただきたい選手です。

 

結論!

攻める気持ちでレースに臨むには練習中攻め続けなければいけない!!

 

ちなみに、自分自身勝手にですが、一番信頼関係が築けている選手だと思っています。勝手にですけどね(笑)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


オープンでナショ切り




 

 

雨なのになんかこう過ごしやすいのはなぜ~♪

IMG_6075

梅雨ですね~。台風の影響で雨も強いですね。

今日は時間に余裕があったので車移動です。ただいま休憩中。

パソコン、ポケットWi-Fiがあれば、車でも仕事ができます。

これは便利。

ネットカフェに行くか駐車場に止めて車内でやるか。微妙なところですが、駐車場代の方が安くつきそうです。

あとはトイレがあれば完璧なのですが…。

さて、昨日書いた記事の中から1つ選んで、書けるところまで詳しく書いてみようと思います。

ジャパンオープンのお話にしましょうか。

li_1522979297-JO2018_A4_omote

しばらくベストから遠ざかっていた選手がやってくれました。

大ベストを更新して、ついに念願のパンパシのジュニア日本代表入り。本当にすごいことです。

種目も性別も明かせませんが、全身をフルに使った迫力のある泳ぎでした。

それでも改善点はまだまだたくさんあります。改善点=伸びしろです。

トレーニング的なことには口を出していませんが、泳形面ではしつこいぐらい同じことを言っています。

「お前、何回いえばわかんだよ?」

「何回言われてもわかりませ~ん!」

といった感じで…

思い起こせばもう8年以上のお付き合い。

あと何年一緒にできるかわかりませんが、これからもウザく、しつこくやっていきたいと思います。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★