ゴールデンエイジは同級生

このエントリーをはてなブックマークに追加




おはようございます。

水泳個人レッスンR-FORCEの西川です。

今朝も4:00起床5:00~6:00でトレーニング完了です。詳しくはこちら

さて、タイトルにある『ゴールデンエイジ』についてです。

ゴールデンエイジとは9~11歳のことを指し、思うように身体を動かせるようになる時期のことをいいます。今までできなかったことが突然できるようになったり技術やセンスなどの大きな成長を見込める時期になります。

え~、今日はそういった真面目なお話ではなく、『R-FORCE的ゴールデンエイジ』のお話です。

ずばり、小2男子!

R-FORCE、特に私が担当している小2男子を私共はゴールデンエイジ(黄金世代)または西川世代と呼んでおります。西川世代と呼んでいるのは他のスタッフだけですが(笑)

小2といえば、ちょうど私と同級生(精神年齢)。

だから彼ら、いや奴ら(ご父兄の皆様ごめんなさい)とは本当に馬が合います。

名前を出してもよければ、1人1人全員紹介したいぐらいです。

基本的に共通しているのがこのルーテイン。

ふざける→叱る→いじける→機嫌を取る→ふざける→叱る→いじける→機嫌を取る…

これを60分~90分ひたすら。

無限ループでございます。

機嫌を取るときに自分がふざけるもんだから、また同じ繰り返し。

 

そんな彼らもこの4月で3年生になってしまいます。

そう、ぼくの先輩になってしまうのです。

小学生になる”お子様”、中学生になる”お子様”、高校生になる”お子様”、大学生になる”お子様”みんなおめでとう!

そして3年生になる”奴ら”、できれば留年していただきたい。

春は出会いと別れの季節。

3年生になってもぼくの相手をしてくださいね。(泣)

IMG_2023



image11


にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です