出して出せ!締めて締めろ!

このエントリーをはてなブックマークに追加




 

本文

おはようございます。

R-FORCE西川です。

なんだかんだでTwitterのフォロワーが2000を超えました。もっと目立ちたいです(笑)

Twitterに関しては、誰も見てないだろうなんて思いバカなことばかりツイートしていましたが、結構反応があるようで、直接お申し込みがあったり色々な質問が来ることがあります。

そうそう、インスタからも直接来てくださっている方が4組ほどいます。こちらもどうしようもないことばかりあげているのですが…

あー、違う違う。今日はTwitterのお話。

先日、呟いた内容がこれ↓

D097D519-B68F-4B5C-B7F5-F958CFB8EEF8

バタフライについて書いたのですが、こちらをもっと詳しく!というリクエストをいただきました。

それでは行ってみます。

まず、「出して出せ」

第1キック時にお尻を上げるわけですが、このとき同時に肩甲骨を上げる意識を持つとよいって話です。正確に言うと肩甲骨の上方回旋ですね。この動きを単独で意識するのではなく、お尻を持ち上げる動作と連動させると意識もしやすく、動きも出てきやすいんです。

付け根(肩甲骨)に動きが出るのでより遠くの水をキャッチできるってわけです。

 

次に「締めて締めろ」

第2キック時のお話です。

第2キック時は第1キックとは逆にお尻を締めてやると鋭いキックが生まれ、ボディポジションも上がってきます。この時肩甲骨も締めるような意識を持つといいんです。下方回旋です。

この動きも単独で考えるのではなく、お尻の動きと連動させて意識することで動きがでやすくなります。

現在見させていただいているバタフライの選手6名に試してみましたが、第1キックと上方回旋の方が意識がしやすいという意見がほとんどでした。

両方を意識して泳ぐことが、所謂「体幹を使って泳ぐ」ということになって来るんだと思います。また、両方の動きを意識し、実際に動かすことができればストローク長が伸びることも間違いなしですね。

肩甲骨、骨盤の動きは単独で考えるのも重要ですが、連動させて一石二鳥なんてのが一番!

と言うのが先日Twitterで呟いた内容です。

どうでしょう?おわかりいただけましたか?

 

今日は最後に一句詠んで終わりにいたします。

「出して出せ 締めて締めろよ この野郎」

会心の一句でございました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

会員様専用予約フォームはこちらから

西川コーチ肉体改造ホームページはこちら

公共プール紹介サイトはこちら

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です