KOSUKE NISHIKAWA Cup

こんばんは。

久しぶりの更新となってしまいました。

実は会社からこのサイトのようなものを会社のサーバで自由にやっていいという許可をいただきました。

よし、それじゃあここは閉鎖してそっちでやろうなんて思っていたのですが、なんだか雲行きが怪しいようで…

やっぱり自分の趣味としてこっちでやりたい放題の方がいいね。

 

で、今日は自分の夢っていうか、やりたいと心底思ってることを書いてみようと思います。

【KOSUKE NISHIKAWA Cup】

これです(笑)パクリですね。

ここからは妄想の話です。

・まず、区民プールを1コースだけお借りする

・西川軍団のJOメダリストやインハイで入賞した選手を招待

・JO切れるか切れないかとか、速い選手と練習をしたことがない選手、悩みを抱えている選手、こんな子たちを集める

・速い選手たちも悩みがあり、JOギリやそれよりちょっと遅い選手でも悩みがある

・そんな奴らを一同に集めて25mのダイブハードばっか繰り返す

・選手同士、横の垣根を超えてたくさんコミュニケーションを取る

・ずっと笑顔で「お〜、すげー!」とか「お前、もっとぶん回しちゃえよ!」とかたわいもない会話で盛り上がる

・速いけど凹んでる奴らも何か気づきがある

・JO目指す組はメダリストや名門の大学生って半端ね〜ってなる

・よーし明日からも頑張ろう!

これって絶対オレにしかできないことだと思ってるんだよね。

オリンピックメダリストと友達だからその友達を招待して、子供たちとの交流をする。それもトップでやっていた方しかできないこと。

ジジーができるのはジジーがフォームを作り上げ、ジジーが隠しているちょっとした熱さを知っていて、全国で戦っている選手たちをJO目指す奴らに会わせること。

彼らはオリンピアンでもないけど、ジュニアの世界では有名選手。

こんな奴らが一同に介して練習っていうか、レクリエーション的なことできたら本当に号泣しちゃうだろうな。

これは本当にやりたい!

できるのであれば、参加費はもちろん無料。ジジーの自腹!

会社とか仕事とか一切関係なく、ジジーが休みの日にジジーの趣味としてやるんだ。

そして今、凹んでる選手たちや頑張ろうって思ってる選手たちに刺激を与える。

MVPにはジジーのチュウだってあげちゃうぜ!

軍団のみんなやってみようよ!!

 

って今日は本当にやりたい夢、ジジーにしか達成できないことを書いてみました。

 

ちなみに昨日、インスタのストーリーに同じことを上げたところ、9件の参加希望者からメッセージがきました。

ジジーは感無量だよ。

絶対やろうな。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です