板キック




【板キック・ボードキック・ビート板キック】

板キックとはビート板を使ったキック練習を言います。クラブやコーチによっては「ボードキック」「ビート板キック」と言うところもありますが、意味は同じだと捉えてください。

メニュー表にはBK(ボードキック)と表記されることが多いです。

 

バタ足の練習のことを指すことが多いのですが、バタフライのドルフィンキック、平泳ぎのキックでビート板を使うときにも「板キック」と呼びます。



こんにちは。

水泳パーソナルコーチの西川です。

さて、今日の水泳専門用語は「板キック」です。

まず、「板」とはビート板を指すことが多いですね。

板キックには主に2種類あり、顔を水中に入れて行うものと、顔を水面上に上げて行うものがあります。

 

①顔を水中に入れた練習

クロールのバタ足の場合、キック動作の他に呼吸の練習に用いることが多いです。

顔を水中に入れてイチ、ニ、サン、パッ!って感じのやつですね。

平泳ぎやバタフライでもキックを一回打ち、一回顔を上げる呼吸のタイミングの練習にも使われます。

背泳ぎは??

背泳ぎは気をつけキックやグライドキック(けのびバタ足)で練習を行うことが多いので、あまり板キックは行いません。

ただ、小さいお子さんや初心者の方は仰向け状態でお腹のあたりに抱えてキック練習を行うことで簡単に浮くことができるので、是非試してくださいね。

 

②顔を水面上に上げた練習

顔を水面上に上げることで顔を入れた状態よりも下半身が下がりやすくなります。

特に腰が反りやすくなるので、お腹にしっかり力を入れてやることをお勧めしましす。

顔を上げているので呼吸はいつでもできます。だから、こっちの方が簡単!って思う方いるかと思うんですけど、実はこっちの方が強度が高いんです。

人間の体ってどこかが水面から出ればどこかが沈むんですね。

顔が出ている分、下半身は沈む=沈まないようにお腹に力を入れると言うことで、強度が上がります。

得意不得意にもよりますが、バタフライのドルフィンキックの顔上げはなかなかの強度ですよ。

 

③ビート板の持ち方

ビート板の持ち方もクラブやコーチによって変わってきますが、一般的な持ち方を紹介します。

 

・ビート板の先端を掴む

ビート板の一番先を掴みます。これは顔上げの練習の時にオススメ。上腕までビート板の上に乗るので上半身が安定します。

 

・ビート板の真ん中に手を置く

こちらは顔を入れた練習の時にオススメです。先端を掴んでしまうと顔を水中に入れることができませんよね。

それと真ん中に置くことで浮力は手のひら付近のみに働きます。最低限の補助と言った感じになるので、初心者の方や小さなお子様に向いています。

 

と言うわけで、今日の水泳専門用語は板キックでした。



 

 

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ 水泳へ



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です