K:蹴伸び

ストリームライン(流線型)の姿勢を保ちながら、進む動作。

両手は手のひらと手の甲を重ね、腕は耳のやや後ろで組みます。肋骨の最下部と腸骨の間を軽く伸ばすようにして体全体で背伸びをするイメージ。足の指先までしっかり伸ばし、身体を一直線に保ちます。目線はプールの底、真下を向くようにしましょう。

まず、上半身の姿勢を作ってから壁をしっかり蹴ります。

上半身の姿勢ができないまま壁を蹴ってしまうと、抵抗を受け、推進力が減少してしまいます。

全ての泳法の基本となる動作なので、初心者・選手問わずしっかり練習しておきたい動作ですね。

この時、身体を伸ばす意識が強すぎると腰が反るので注意。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です