0から1への1、99から100への1




 

 

こんばんは。

R-FORCE西川です。

サンタさんにお嫁さんをお願いしたのですが、今朝枕元にはだれもいませんでした。

サンタさん、大嫌いです。

 

さてさて、今日はタイトルにもある『1』のお話です。

かれこれ10年以上も前になるでしょうか、尊敬し大変お世話になっている先輩からこんな言葉をいただきました。

「お前の指導は0から1にすることに関しては素晴らしいものがある。だけど、99を100にする力はまったくない」

ここで言う『0』とはまったく泳げない初心者スイマーの方、幼児などで水慣れから始めたお子様のことを指しています。

このころすでに選手やマスターズの方も見させていただいていたのですが、その辺りの力はまったくないと評価され、努力が足りないとアドバイスされたんですね。

悔しかったですね。もう本当に悔しくて、ただただその先輩に対して腹を立てていました。

そのとき、先輩に対してこんな質問をしたのを覚えています。「じゃあなんすか?0から1にするコーチより99を100にしたコーチが偉いんすか?」

喧嘩腰でしたね(笑)

返ってきた言葉も忘れません。

「そうだよ」

一蹴です(爆)

もちろんそんなことはないのですが、あのときは先輩もイラっときたんでしょうね。

悔しさからなにをしたかというと、来る日も来る日も本を読み、その先輩が読んでいる本を買い実際に身体を動かす。

絶対に認めさせてやる!

そんなことを何年続けたのかは覚えていません。

自分が掲げた目標はジュニアオリンピックで金メダルを獲る選手に関わること。つまりこの時点でジュニアオリンピックの金メダルが自分にとって『100』になったんです。

そうこうしているうちに長年お付き合いさせていただいている選手がジュニアオリンピックで銅メダルを獲得するまでになってきました。

この時点で79を80にするぐらいの力がついてきたのかな?

しかしここからが大変。なにをやっても泳ぎが変わらない。なにを言っても選手の心に響いてないのがよくわかる。

ここからまた違う勉強。解剖学や生理学、心理学、栄養学、まったく関係のなさそうな小説など。

そんな最中、ひとりの救世主が現れます。

長年見させていただいている選手より先にこの救世主がジュニアオリンピックの金メダルを獲得したんです。

どういうことか?

正直、これはこの救世主的な選手の力が99パーセントといっていいでしょう。

これほどの選手ですから、見た瞬間に「いけるんじゃね?」という感じはありました。

それでも数年前の自分なら「いやいやこんな選手、僕には見れません」って言ってたでしょうね。でもこのときは思わなかった。「行ける!やれる!」これだけでした。

つまり79、80、81、82、というあたりの勉強をしていたら、99の選手が相手でもビビらなくなってきたということです。

その1年後、長年一緒にやってきた選手もついにジュニアオリンピック2冠を達成しました。大号泣です。

作り話のような話ですよね。

でもこれ、すべて本当なんです。

ここで選手のみんなにいいたいのが、自分が立てた目標が100だとして今の自分はいくつなのか、それをしっかり把握すること。

それがわかると今やらなきゃいけないこと、やっちゃいけないこと、やらなくてもいいこと、こういうものがはっきりしてくるんです。

一生懸命練習だけに集中することもいいことです。

でももう、君たちはそのレベルを超えてるのかも知れないよ!

70まできてるのに50あたりことを意識しているのかも知れない。

お父さんやお母さんに言われることなく、自分自身の現状を見直してみようよ。そこからまた新しい行動を始めたらいい。

ジュニアの選手には少し難しい言いまわしになったかも知れません(文章力の問題もあり)。

オレはこうやって目標を達成した!お前らもやれ!

って話です(爆笑)

偉そうなことを書きましたが、伸び悩んでる選手へのクリスマスプレゼントです。

みんな頑張れよ!

 

ちなみに、JO金を取った後の先輩のお言葉は「1000人に1人、だれが見ても速くなるやつがいるんだよな」でした。

自分も次の目標に向かってがんばります。

先輩、いつも本当にありがとうございます。

IMG_0705

メリークリスマス!

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

新規お問い合わせはこちらから

西川公介コーチ・安田真琳コーチのご予約はこちらから

藤元舞コーチ・岩井田武彦コーチのご予約はこちらから

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



オリンピック感動エピソード


 

slide_499164_6940368_compressed

こんにちは。水泳個人レッスンR-FORCEの西川です。

連日、リオオリンピック盛り上がってますね。オリンピックが終わると感動秘話がどんどん出てくるものですが、すでに色々と感動するお話が出ていますね。

先ほど、ヤフーニュースで見て感動したお話し。体操で金メダルを取った内村選手と2位、3位に入った選手のお話しです。

 

以下、yahoo news より抜粋

メダリスト会見では世界大会8連覇の内村に対し、海外メディアから「あなたは審判に好かれているんじゃないですか?」という質問が飛んだ。内村は淡々と「まったくそんなことは思ってない。みなさん公平にジャッジをしてもらっている」と答えた後、この質問に怒っていたのが誰であろうベルニャエフだった。「審判も個人のフィーリングは持っているだろうが、スコアに対してはフェアで神聖なもの。航平さんはキャリアの中でいつも高い得点をとっている。それは無駄な質問だ」と言い放った。

会見の中ではベルニャエフと、銅メダルのマックス・ウィットロック(英国)から内村への称賛が相次いだ。「大変素晴らしい。彼は皆のお手本です。今日の最後の鉄棒は言葉がない。クレイジーとしかいえない」(ウィットロック)、「航平さんを一生懸命追っているが簡単じゃない。この伝説の人間と一緒に競い合えていることが嬉しい。世界で1番クールな人間だよ」(ベルニャエフ)。賛辞の嵐に内村は真ん中で気恥ずかしそうにしていた。

感動ですね。

この質問を投げかけたインタビュアーにも疑問は残りますが…

2位3位の選手のスポーツマンシップも素晴らしいのですが、それだけ言わせる内村選手の実力というのもやはり圧倒的だったんでしょうね。

また、韓国の選手と北朝鮮の選手が一緒に写真を撮ったなど、こういうのもオリンピックならではすごく感動します。

試合前、試合後のエピソード、これからどんどん出てきそうですね。これもまた、オリンピックなどの国際大会の醍醐味です。

 

image11


にほんブログ村

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★